投資をしていると

難しい投資用語をなんとなく

理解したような気分になっている

ことってありませんか?

FX取引やFXの情報収集をしていると

スプレッドという言葉を

耳にすると思います。

そこで今回はスプレッドについて

わかりやすくまとめています!

 

スプレッドとは

FXにおけるスプレッドとは

「売値」と「買値」の差のことを指します。

 売値スプレッド
(売値と買値の差)
買値
1ドル100.25円0.25円100.50円

この場合、0.25円がスプレッドになります。

スプレッドを外貨両替でイメージすると

一般的になじみのある外貨の両替で

スプレッドをイメージしてみましょう。

円をドルに両替する場合
1ドル100.50円レートで両替
ドルを円に両替する場合
1ドル100.25円のレートで両替

というように

どちらの通貨から両替するかで

レートに差を付けるということになります。

次に、FX取引に置き換えて考えてみましょう。

FX取引におけるスプレッド

FXはある通貨ペアを

買い→売り(あるいは売り→買い)の

2つの取引をして始めて、

利益/損失が確定します。

そこでドル/円の取引を例に

ドル買い→ドル売り

の順で取引を行うことを想定し、

スプレッドなしスプレッドあり

確認してみましょう。

スプレッドなしの場合

ドル買い ドル売り利益
100.50円105.50円5円

100.50円が105.50円に

値上がりしているので、

5円の利益が出ています。

スプレッドありの場合

 ドル買い ドル売り利益
買値100.50円105.50円
売値100.25円105.25円4.75円

100.50円でドル買いし

105.25円でドル売りしているため、

利益は4.75円となっています。


FX会社は取引ユーザに対して、

105.50円ではなく、

105.25円で決済させる仕組みをとることで

0.25円分をFX会社の利益としています。

スプレッドには固定と変動がある

FX会社によって違うのですが、

スプレッドには固定スプレッドと変動スプレッドがあります。

固定スプレッド
スプレッドが常に固定されている
例:0.3円固定
変動スプレッド
スプレッドが常に変動している

スプレッドには固定と変動がありますが、

やはり、スプレッドは狭いほうが利益をだしやすく、

利用者に有利に働いてくれます。

まとめ

最後に、スプレッドについてまとめています。

MEMO
・スプレッドは「売値」と「買値」の差を指す
・スプレッドはFX会社の手数料
・スプレッドは狭いほうがよい